茅葺屋根に湯の香り!乳白色の山のいで湯・福島 「高湯温泉 玉子湯」

磐梯吾妻スカイラインの北の玄関口で、濃い硫黄臭を漂わせる「高湯温泉」は、かつて信夫高湯と呼ばれ、最上高湯、白布高湯とともに“奥羽三高湯”としられていました。

高湯温泉の開湯は慶長12年(1607)、江戸時代。それから約400年以上を経た現在も毎分3000リットル以上の豊富な湯量や泉質などすべてが当時のままです。旧泉質名でいうと硫黄泉になる白濁したゆで卵臭のある湯です。

高湯には古くから「一切の鳴り物を禁ず」という慣わしがありました。これは三味線・太鼓・盆踊りや腕相撲を禁止するしきたりで、湯以外の歓楽的な楽しみや不要な争いを持ちこまないためのもので神なる吾妻山の平穏を守り続けたといわれます。

記録によれば江戸時代後期、庭坂村で炭焼きをしていた文吾というものが沢辺に湧くこの湯で、大火傷を跡形もなく完治させたと伝わり、のちに明治元年同村の名主・後藤与次兵衛が、傷病にいいと評判の湯に仮小屋を建設し、これ「玉子湯」の始まりとされています。旅館形体が確立していなかった時代、利用する集落ごとに湯治小屋を所有しそこで湯治宿泊をしていました。

玉子湯の温泉庭園内にある茅葺き屋根の湯小屋は創業から150年もそのままの形をとどめたまましっとりと佇んでいます。

男女の湯が板壁一枚で区切られた湯小屋「玉子湯」の内風呂の湯船は酸性の湯にも耐えられる檜作りで少し檜の香りもします。湯けむりが漂うなか、ふんわりとした玉子のにおい、しばらくその臭いでくつろいでいると、少し鼻につくのですが、これぞにっぽんの温泉の香りです。湯の色はこの日乳白色でしたが天候や気候、気温などでエメラルドグリーンや少し青みがかった色にも変化がみられるのが特徴です。手ですくうと湯は透明でふわふわと白い小さな湯花が浮かび上がります。

お湯は自然のまま、加水、加熱もなく、源泉かけ流しの湯が楽しめます。ほんのり青みがかった湯とろりとして濃厚です。浸かれば玉子のようになめらかな肌になるといわれ、浴槽に身をすべらせば、まろやかな湯が肌を撫で、やがて全身にしっとりと浸透していきます。

十分に玉子湯を楽しんでから、少し下ったところにある野天岩風呂「天翔の湯」へ。隣にある「天渓の湯」と男女交代で利用できる。いちいち服を着ないといけないのが難点です。大きな岩が積み重なった野天岩風呂は空が広く、そよぐ風が心地よい。

小川が流れる庭園の背後の丘に延びる遊歩道の先には滝や温泉神社もあるのでのんびりと散策することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です