越後国一の宮・弥彦神社の門前にわく美肌の湯。新潟・弥彦温泉「お宿だいろく」

越後一の宮「彌彦神社」の門前町・弥彦の神社通り沿いには両側に湯宿や土産物店、食堂などが所狭しと軒を連ねています。弥彦は北国街道の宿場町でもあり芭蕉も奥の細道で彌彦神社に参詣した折、宿泊したと思われます。そんな神社通りの南端にあるのが前身は割烹料理店だったという「お宿だいろく」です。

弥彦温泉は彌彦神社末社の湯神社が鎮座している御殿山の南側中腹が源です。伊夜日子の里に住むとある猟師によって発見された「弥彦の霊泉」はアルカリ性単純温泉で、しっとりとした美人の湯です。

弥彦の町並みを一望できる樽型の貸し切り露天風呂は、夜になるとライトアップされ、飴色に輝く湯船と暮れいく茜色の風景が幻想てきです。

大浴場「神のおかげ湯」とともに湯神社温泉がなみなみと湯船に張られ、疲労回復、肌の角質をとる美肌効果があります。       2018/8/1 入湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です