開湯1300年を誇る加賀温泉郷の古湯「山代温泉」の二つの共同湯に浸かる。石川県加賀

加賀温泉郷の中で最も大きい温泉街が「山代温泉」です。大聖寺藩の藩湯として歴代藩主が愛した山代温泉は、約1300年の昔、僧の行基が霊峰・白山へ向かう途中で、傷を癒すヤタガラスを見て発見したと伝えられる長寿の湯。戦国武将の明智光秀もここで傷をい癒したそうです。二つの総湯を中心に温泉宿や商家が立ち並ぶ温泉場特有の町並「湯の曲輪(がわ)」、は北陸特有の呼び方で、江戸期に形作られたもの。

2012年グッドデザイン賞を受賞した「山代温泉 古総湯」は外装に県産杉と古瓦、そして伝統手法の杮ぶき屋根を用いた外観や内装、入浴方法もすべて明治期の総湯を復元したものです。入浴料500円を払うと番台さんが、利用方法を教えてくれます。歴史と文化を味わいながら入浴を楽しめます。日没と同時にライトアップされ幻想的な姿を見せます。

浴室は脱衣場を兼ねた大名造りで、拭き漆塗りの壁や九谷焼タイル、窓にはステンドグラスを施した芸術的な空間は当時の趣が感じられるお洒落な造りです。洗い場はなく湯船のみで源泉掛け流しの湯があふれています。

それぞれの浴室から2階の風通しのよい畳敷きの休憩処に上がれるようになっていて温泉街が一望できます。ここで男女が会えるようになっていますが、帰りは男湯や女湯に下りないように気をつけましょう。

旧吉野屋旅館跡地に再建された地元住民が集う共同浴場「山代温泉 総湯」は、旧吉野屋旅館の門を生かした入口、天窓から明るい光がキラキラと射し込む気持ち良い浴室。そして広々とした浴室には二つの異なる深さの浴槽があり、地元産石張りの浴槽には天然温泉(循環ろ過)がたっぷりと注がれています。壁面には地元作家制作の山代ならではの多彩な九谷焼装飾タイルなどアートにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です