越後国一の宮・弥彦神社の門前にわく美肌の湯。新潟・弥彦温泉「お宿だいろく」

越後一の宮「彌彦神社」の門前町・弥彦の神社通り沿いには両側に湯宿や土産物店、食堂などが所狭しと軒を連ねています。弥彦は北国街道の宿場町でもあり芭蕉も奥の細道で彌彦神社に参詣した折、宿泊したと思われます。そんな神社通りの南端にあるのが前身は割烹料理店だったという「お宿だいろく」です。

弥彦温泉は彌彦神社末社の湯神社が鎮座している御殿山の南側中腹が源です。伊夜日子の里に住むとある猟師によって発見された「弥彦の霊泉」はアルカリ性単純温泉で、しっとりとした美人の湯です。

弥彦の町並みを一望できる樽型の貸し切り露天風呂は、夜になるとライトアップされ、飴色に輝く湯船と暮れいく茜色の風景が幻想てきです。

大浴場「神のおかげ湯」とともに湯神社温泉がなみなみと湯船に張られ、疲労回復、肌の角質をとる美肌効果があります。       2018/8/1 入湯

裏磐梯の桧原湖畔に佇む黄金の湯・福島猫魔温泉「裏磐梯レイクリゾート」

磐梯高原の広大な自然に包まれた桧原湖畔にあるリゾートホテルが「裏磐梯レイクリゾート(旧裏磐梯猫魔ホテル)」です。

敷地内に湧く温泉は豊富な湯量を誇り、源泉掛け流しで露天風呂に注がれています。泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(塩化物泉)で、古くから「黄金の湯」として愛されてきた名湯猫魔温泉は、鉄分を多く含み神経痛、筋肉痛、関節痛等に効能があります。また体に優しいpH6.8の中性温泉で長湯でも疲れにくく赤ちゃんの温泉デビューにも最適です。また天然の保湿成分メタケイ酸200mg以上を含有しています。

内湯「オーロラの湯」は開放的な窓からは広い浴槽を取り囲むように広がる木立と桧原湖が見えます。

露天風呂「ひばらみの湯」からは桧原湖を望み、景色も抜群です。                   2018/7/30 入湯

奥日光の森に立つ一軒の温泉宿・光徳温泉「日光アストリアホテル」

国道120号を戦場ヶ原の先、光徳牧場方面に入ったところに、窓に映る緑が眩しいロッジ風のリゾートホテル「日光アストリアホテル」があります。

湯船には湯元温泉から引いた源泉掛け流しの硫黄泉が満ち、歩き疲れた身体をじんわりと癒してくれます。泉質は含硫黄・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

にごり湯の温泉は浴後感はさらりとしていてほこほこに温まります。開放感あふれる露天風呂では、緑と白濁した湯のコントラストに心も体も癒されます。          2018/7/29 入湯

2000万年前の太古の地層から湧き出す源泉を堪能!みなかみ温泉郷「仏岩温泉 鈴森の湯」群馬水上

谷川連峰・阿能川岳の渓流沿いに、檜の内風呂と絶景露店風呂と、大自然の中で源泉100%かけながしの“美人湯”を堪能できるのが、みなかみ温泉郷「仏岩温泉 鈴森の湯」。休憩や食事は館内で出来、岩魚を焼いてたべることもできるグリーンハウスを併設しています。

おおよそ1500万年から2000万年前の地層から湧き出す源泉は、サルフェート(硫酸塩)が豊富なカルシウム-硫酸塩泉でPH8.2の美肌の湯です。内風呂は2つの浴槽に分かれ、広い方が加温湯で、狭いながらも110cmと深く、腰かけ棚もあるのが、源泉温度そのままの35℃のぬる湯です。交互浴が楽しめます。窓には外の緑が映しだされ、まるで森林浴をしているようにリラックス効果があります。

露天風呂は眼下を流れる川の音を聞きながら、また滝になって落ちる水の流れる姿に癒されながら、木立に囲まれた開放感たっぷりの湯に浸かれます。              2018/7/21 入湯