奥日光の森に立つ一軒の温泉宿・光徳温泉「日光アストリアホテル」

国道120号を戦場ヶ原の先、光徳牧場方面に入ったところに、窓に映る緑が眩しいロッジ風のリゾートホテル「日光アストリアホテル」があります。

湯船には湯元温泉から引いた源泉掛け流しの硫黄泉が満ち、歩き疲れた身体をじんわりと癒してくれます。泉質は含硫黄・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

にごり湯の温泉は浴後感はさらりとしていてほこほこに温まります。開放感あふれる露天風呂では、緑と白濁した湯のコントラストに心も体も癒されます。          2018/7/29 入湯

2000万年前の太古の地層から湧き出す源泉を堪能!みなかみ温泉郷「仏岩温泉 鈴森の湯」群馬水上

谷川連峰・阿能川岳の渓流沿いに、檜の内風呂と絶景露店風呂と、大自然の中で源泉100%かけながしの“美人湯”を堪能できるのが、みなかみ温泉郷「仏岩温泉 鈴森の湯」。休憩や食事は館内で出来、岩魚を焼いてたべることもできるグリーンハウスを併設しています。

おおよそ1500万年から2000万年前の地層から湧き出す源泉は、サルフェート(硫酸塩)が豊富なカルシウム-硫酸塩泉でPH8.2の美肌の湯です。内風呂は2つの浴槽に分かれ、広い方が加温湯で、狭いながらも110cmと深く、腰かけ棚もあるのが、源泉温度そのままの35℃のぬる湯です。交互浴が楽しめます。窓には外の緑が映しだされ、まるで森林浴をしているようにリラックス効果があります。

露天風呂は眼下を流れる川の音を聞きながら、また滝になって落ちる水の流れる姿に癒されながら、木立に囲まれた開放感たっぷりの湯に浸かれます。              2018/7/21 入湯

「道の駅 六合(くに)」内にある日帰り温泉施設「応徳温泉・くつろぎの湯」群馬県中之条

群馬県中之条町と平成22年3月28日に町村合併した六合地区は、大自然が手つかずで残る素朴な山里です。六合温泉郷は、肌に優しいアルカリ性の温泉が5カ所で湧き、酸性の湯である草津温泉の仕上げの湯と呼ばれています。冬に雪深い草津から一山越えて六合へ移り住む「冬住み」という習慣が明治期まで続いたといいます。

「道の駅 六合(くに)」内にある「応徳温泉・くつろぎの湯」は少し白濁した湯の中に珍しい独特の黒い湯の花が浮かび、硫黄の香りがする個性的な温泉です。応徳年間(1084~1086)に旅人により発見されたという弱アルカリ性の“美人の湯”が人気で、泉質的には含硫黄・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉になり、慢性皮膚病や動脈硬化症に効能があります。

浴槽はタイルと御影石の作りで、源泉かけ流しの湯が木の湯口から流れ出ています。平成8年には皇太子も訪れたとか。

現在は築128年の古民家を移築した宿泊施設「宿花まめ」と一体化しています。

 

清流沿いの天下一の大露天で老若男女の笑顔がはじけるかけ流し天然温泉を満喫!群馬県・宝川温泉「宝川山荘」

関越自動車道水上ICより片品・藤原・宝川方面へ18km。利根川の最上流に位置し、宝川の渓流沿いの大自然の中に建つ一軒宿「汪泉閣」の日帰り施設が「宝川山荘」です。いったいどこまでが湯船で、どこからが川なのかと思うほど、宝川温泉の大露天風呂は圧倒的なスケールで渓流沿いの豊かな自然に溶け込んでいます。奥利根の秘湯と呼ばれ、いまや外国人にも知られる存在の温泉の自慢は4つの野趣あふれる大露天風呂。3つの混浴露天風呂と女性専用の露天風呂1つは計470畳もの広さを誇ります。しかもすべての湯船が天然かけ流しで常に新鮮な湯で満たされているとはなんともぜいたくです。最も広い「子宝の湯」は約200畳もある混浴露天風呂で、「テルマエ・ロマエⅡ」で上戸彩演じる真美の実家として登場し、真美とルシウスが一緒に入浴した大露天風呂です。湯口の近くはやや熱めながら、離れるとじょじょに温度がぬるめへと変化します。

 

川の反対に「摩訶の湯」120畳と「般若の湯」50畳があります。混浴なので女性はバスタオルを巻いて入ります。敷地内に4本の源泉があり、毎分1800ℓもの湯量があり、全湯源泉掛け流しです。

温泉街も楽しいみなかみ18湯!「水上ホテル聚楽」群馬・みなかみ町

「みなかみ18湯」と言われる水上温泉郷&温泉地に法師温泉、猿ヶ京温泉など宿泊できる18ヶ所の温泉地と日帰り利用のみの温泉地が2カ所があるみなかみ町、大自然と多彩な泉質、豊富な湯量が魅力です。今回は数ある温泉宿の中から入湯したのは「水上ホテル聚楽」です。天狗の湯は利根川の渓谷沿いの露天と枕木を渡した広い湯船で寛げます。

源泉は水上温泉(旧湯)で泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性アルカリ性高温泉)。泉温は42℃ pH7.6でしたが残念ながら加水、循環湯で塩素消毒と源泉掛け流しではありませんでした。