開湯1300年を誇る加賀温泉郷の古湯「山代温泉」の二つの共同湯に浸かる。石川県加賀

加賀温泉郷の中で最も大きい温泉街が「山代温泉」です。大聖寺藩の藩湯として歴代藩主が愛した山代温泉は、約1300年の昔、僧の行基が霊峰・白山へ向かう途中で、傷を癒すヤタガラスを見て発見したと伝えられる長寿の湯。戦国武将の明智光秀もここで傷をい癒したそうです。二つの総湯を中心に温泉宿や商家が立ち並ぶ温泉場特有の町並「湯の曲輪(がわ)」、は北陸特有の呼び方で、江戸期に形作られたもの。

2012年グッドデザイン賞を受賞した「山代温泉 古総湯」は外装に県産杉と古瓦、そして伝統手法の杮ぶき屋根を用いた外観や内装、入浴方法もすべて明治期の総湯を復元したものです。入浴料500円を払うと番台さんが、利用方法を教えてくれます。歴史と文化を味わいながら入浴を楽しめます。日没と同時にライトアップされ幻想的な姿を見せます。

浴室は脱衣場を兼ねた大名造りで、拭き漆塗りの壁や九谷焼タイル、窓にはステンドグラスを施した芸術的な空間は当時の趣が感じられるお洒落な造りです。洗い場はなく湯船のみで源泉掛け流しの湯があふれています。

それぞれの浴室から2階の風通しのよい畳敷きの休憩処に上がれるようになっていて温泉街が一望できます。ここで男女が会えるようになっていますが、帰りは男湯や女湯に下りないように気をつけましょう。

旧吉野屋旅館跡地に再建された地元住民が集う共同浴場「山代温泉 総湯」は、旧吉野屋旅館の門を生かした入口、天窓から明るい光がキラキラと射し込む気持ち良い浴室。そして広々とした浴室には二つの異なる深さの浴槽があり、地元産石張りの浴槽には天然温泉(循環ろ過)がたっぷりと注がれています。壁面には地元作家制作の山代ならではの多彩な九谷焼装飾タイルなどアートにも注目です。

霊峰・白山の麓に湧き出る天然温泉白山温泉郷「岩間温泉・一里野温泉」

日本三名山、白山のふもとの随所に湧き出る天然の湯・白山温泉郷は源泉が十七箇所ある天然の湯の里です。

日本秘湯を守る会会員・岩間温泉「山崎旅館」は、白山温泉郷の最も奥深くにある秘湯の一軒宿です。

100度もの温泉を吹き上げる摩訶不思議な奇岩が点在する岩間噴泉塔群の源泉から山肌を切り開いた5㎞の道の下には湯元からの湯線が通っていることから「湯の道」と呼ばれています。

泉質は源泉98度、弱食塩泉で効能は皮膚病、リュウーマチ等に効き目があります。

内風呂は天井を取り外して吹き抜け空間とし、トラス構造の大きな梁をむき出しにして山小屋の風情を演出しています。内風呂は石張りにし、小さいながらも綺麗な浴室です。

山の緑に囲まれた野天風呂は源泉掛け流しで24時間いつでも岩間のいで湯が堪能できます。

一里野温泉「一里野高原ホテル ろあん」は山崎旅館の姉妹館で、岩間温泉からさらに「湯の道」を10Km引いた源泉を24時間掛け流しで堪能できます。大浴場“石の湯”は窓を大きく取った開放的な浴室。

露天風呂“森の湯”は畳敷きで足触りもよく開放的です。

目の前に見付島「軍艦島」を見ることのできる公共の宿。能登珠洲温泉「のとじ荘」

2015年3月にリニューアルした珠洲温泉「のとじ荘」は、能登半島国定公園内の波の静かな入り江に建ち、ロビーからは目の前に軍艦の船首をこちらに向けた姿で切り立った岩壁を見せる見附島が眺められます。珠洲温泉は見附島の対岸に湧く市内で数少ない温泉で泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素泉です。

温泉はガラス窓越しに軍艦島が眺める大浴場「見附の湯」とストーブ式サウナ・水風呂付の軍艦島を見渡す絶景露天「弘法の湯」があります。露天風呂はひとつしかなく男女日替りになります。