宇連川(板敷川)のほとりに仙人が見つけた霊泉と料理に心と体が甦る。愛知・湯谷温泉「湯の風 HAZU」

湯谷という地名からも大昔から湯が湧き出していたことが想像できる湯谷温泉は、鳳来寺を開山した利修仙人が発見した霊泉として今も肌あたりよく 人を癒してくれます。

鳳来峡に宇連川が流れ、そのほとりに10軒ほどの宿が並んで静かな温泉街をなしています。宇連川は、 川底の岩石層が黄土色の板を敷いたように見えるので板敷川とも呼ばれています。

そんな鳳来峡に寄り沿うように建ち並ぶ旅館のひとつに国道151号沿いにあるのが「湯の風 HAZU」です。

川の反対側、湯谷駅前方面にある「はづ別館」や「はづ木」と同じ系列の旅館です。ここで館内利用が 11時から14時半までの食事と入浴料がセットになった“湯の風プラン”2700円がお得プランです。

露天風呂と大浴場があり男女入れ替え制で11時から13時まで女性が露天風呂で 13時から男性にかわります。ドナドバと流れる源泉溢れる大浴場

と川のせせらぎが聞こえる半露天でのんびり寛ぎます。

露天風呂からは、清流のところどころに、大小の滝や淵、奇岩が点在している宇連川を眼下に見ることができます.

 

 

 

三重の奥座敷・湯の山温泉の入口で進化を続ける片岡温泉「アクアイグニス」

三重の奥座敷、御在所岳の麓に広がる湯の山温泉の入口で良泉との覚え目出度き湯が「片岡温泉」です。地下1200mより湯口で丁度42℃前後の源泉を贅沢に掛け流していて、自然のままの温泉成分や、様々な効果効能を直接体感できる温浴施設です。以前は湯が良い小さな日帰り温泉でしたが、高速道路の建設に伴う移転えお契機に湯・宿・食の複合宿泊施設「アクアイグニス」へと変貌をとげています。まるでホテルのようなエントランスロビーのフロントです。

内風呂は清潔感のある明るい浴室で、源泉100%掛け流しの湯が絶え間なく溢れています。泉質はアルカリ単純泉ながら美人の湯と言われるように美肌効果があります。ほのかに硫黄臭が漂い、ほどよいぬめりと柔らかい湯が身体にしっかりとなじんでいきます。

竹林の繁る半露天風呂では樽風呂や横に長い浴槽から風情を楽しむようになっている。

湯上りには時間を思い思いに寛げる場が用意されていて寝ころんだり本を読んだりリラックスして過ごせます。

奥浜名湖・猪鼻湖畔のアルカリ度の高い美人の湯!静岡・三ケ日温泉「ホテルリステル浜名湖」

半島や岬、浦が入り組んだ起伏に富んだ奥浜名の猪鼻湖一望の好ロケーションに立つ全室レイクビューの湖岸の リゾートホテル「ホテルリステル浜名湖」。

17-02-11-16-57-44-972_photo

浴場は受付けの4Fから1Fに降りて客室の前を通っていく。湖岸にもっとも近く休憩室からはすぐに出れる。

17-02-11-16-21-35-095_photo

猪鼻湖の湖面を眺めながら温泉に入れる“煌めく天の月、星、太陽を楽しめる絶景露天風呂”「煌天の湯」と大浴場は、 自家源泉である三ケ日温泉を使用している。泉質はアルカリ性単純泉で疲労回復、筋肉痛に効果抜群であり五十肩にももってこいなのがうれしい。

17-02-11-16-23-00-172_photo

浜名湖の北部、猪鼻湖を望む高台に建つ、奥浜名湖温泉「かんぽの宿浜名湖 三ケ日」。「三ケ日温泉 リステル浜名湖」の近くにある奥浜名湖温泉は地下約1500Mからくみ上げた源泉を使用しており、若干硫黄臭のある緑がかったナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、皮膚病、筋肉痛、五十肩等に効くしょっぱい温まる温泉である。

2013_0706_145103-P1030325