小野小町ゆかりの地い湧く美人の湯でゆっくりお肌磨き!小野小町温泉「セントラーレ・ホテル京丹後」

小高い丘に建つお城をイメージした一軒宿、それが小野小町温泉「セントラーレ・ホテル京丹後」です。

平安時代の六歌仙のひとりで、絶世の美女といわれた小野小町が晩年をこの地で過ごしたことから名付けられた温泉は、美肌効果が高く、お肌がつるつるになる少し白濁した湯です。泉質は含弱放射能・ナトリウム-炭酸水素塩泉です。

円形の露天風呂での風にあたりながらの入浴はリラックスします。

春日局ゆかりの町丹波・春日町に湧く天然温泉をしし鍋とセットでいただく「国領温泉 助七」

丹波市の東部、徳川家光の乳母・春日局の生誕地として知られる春日町。丹波市で唯一天然温泉が湧き出している地でもあります。古くは山之神湯と呼ばれ、古文書『丹波志』にもその泉質のよさが記されています。春日ICから車で5分、大正時代には十数軒あった旅館も、現在は昭和30年(1955)創業のここ「国領温泉 助七」のお宿だけです。

露天風呂もある温泉はラドンや鉄分などを多く含んだ赤褐色の炭酸泉で、有馬の金泉を思わせるお湯です。お湯にゆったりと浸かると、体が芯から温まり、筋肉痛によく効くといわれ、湯あたりがやわらかい。

春日局の本名にちなんで女湯は「お福の湯」と名付けられ、内湯はぬる湯とあつ湯の2槽に分かれ、露天は庭園風ですがすがしい。

冬の時期は丹波産猪鍋を座敷でゆっくり過ごせるランチセットが嬉しい。